一日一白米

いろんなことをつらつら。

人生の半分以上ジャニオタの私が、ある日突然モーニング娘。にハマった話。

普段は一般人を装ったジャニオタ。しかもJr.担というエグい戦場で生きています。
小学生のころに沼に落ちてから、ちっとも這い上がれないまま20代に突入。
できれば30歳までにジャニオタ卒業したいな、と思っていたところで、ある日突然モーニング娘。にハマりました。
また新たな沼にぽっちゃんと落っこちたのです。

きっかけは、ジャニオタのおともだち数名が「モーニング娘。を好きだ」と言っていたこと。
当時は「そうなんだ~」くらいにしか思っていなかったし、そこまで興味もなかった。

ところがどっこい。おともだちのご自宅で観させてもらった、当時最新シングルの「ブレインストーミング」Dance shotバージョン。


Morning Musume - Brainstorming (Dance Shot Ver.)

小学生の頃ジャニーズに目覚めて以降、女性アイドルには見向きもしなかったわたしには衝撃的だった。
なんせ娘。の記憶は6期加入の頃で止まっているので、こんなにダンスに力を入れているとは思ってなかったし6期メンバーのうちふたりがまだ現役だとも思っていなかった。
しかも道重さんも田中さんもすごくかわいくなってる。おふたりとも私より年上なのにこの若さと輝きはなんなの…!?

更に驚いたのが9期、10期、11期の若さ。ピッチピチ。あのパフォーマンスをこなしている大半のメンバーが中高生だなんて信じられない。嘘だ。
この子たち中学生!?え!去年までランドセルだった子もいる!?えっ、この子かわいい。あ、この子もかわいい。とギャーギャー言いながらMVを観た。

そのうちに、ダンスも好みだし歌声も好み顔も綺麗系でかわいい。
彼女はいったい誰?と気になって仕方のない子が現れた。
これが運命の出会いなわけです!!!

わたし「(「ブレインストーミング」を観て)この子が気になる。この子は誰?」
おともだち「ふくちゃんだよ」
わたし「(「Help me!!」を観て)この子は?」
おともだち「ふくちゃん」

そう、後のわたしの推し、譜久村聖ちゃん(現・モーニング娘。'16 リーダー)だった。

何度みても、別のMVをみても、どーーーしても“ふくちゃん”が気になる。


モーニング娘。 『ブレインストーミング』(Morning Musume。[Brainstorming]) (MV)

わたし「ふ、ふくちゃん!!!<〇><〇>カッ!」

こうしてカッ!と目覚めたわたしは9期、10期、11期の顔と名前を一致させる作業を猛スピードで開始。
ほら、ジャニオタもバックに気になるJr.がいたりすると、すぐそういう作業始めるじゃないですか。それと同じ感覚で。
覚えている途中というのは、新しい発見ばかりですごくワクワクして楽しいし、なんといっても娘。はブログ等ネットで回収できる情報量が多い上、YouTubeにもたくさんMVや動画が上がっているので、とてもありがたい。(MVが全部無料で観られるんだよ!信じられない!どういうこと!?)

おともだちにライブDVDを借りて、1本ずつ歴史を辿る作業も開始。「カラフルキャラクター」で当時のメンバーカラーを全員分把握。「ウルトラスマート」「愛Believe」では愛ガキの卒業に大号泣。なんなら、9期加入前の「ライバルサバイバル」のDVDを観てプラチナのカッコよさに痺れた。どうして当時から観ておかなかったんだろう~~~と後悔もした。
同時にメンバーの卒業式ってこんなに切ないものなのか…とも思ったし、好きになったばかりなのに「もしふくちゃんが卒業ってなったら…」と考えて悲しくなったりもした。

けど、いつか卒業を迎えるのであれば、一度くらい生でパフォーマンスを観ておかないとまた後悔する!!!と思わせてもらい、お友達にチケットを取ってもらって勢いのまま「CHANCE!」の中野サンプラザ公演に初参戦。勢い大事。

いままで女性アイドルのライブに行ったことがなかったので、ちょっと不安を抱えつつも「なんだこれ、すごく楽しい!!」と生ライブのよさを実感して、また行きたい!と思ったし、「さゆみー!」とか「みずきー!」とか曲中にメンバーの名前をコールする箇所があるのも楽しかった。「わがまま 気のまま 愛のジョーク」の「愛されたい!」も最高だった。


モーニング娘。 『わがまま 気のまま 愛のジョーク』(Morning Musume。[Selfish,easy going,Jokes of love]) (MV)

もともとライブが好きということもあるけど、やっぱり生で観るパフォーマンスはひと味もふた味も違う。
娘。は加入と卒業を繰り返すからこそ、いまのメンバーでできることを最高の状態で届けられるように努力を惜しまずがんばっているんだろうし、その姿に元気をもらった。
輝かしい、キラキラした何かを彼女たちが教えてくれた気がする。
とにかくメンバーみんなかわいくて、カッコよくて、まっすぐなんですよ!!!
1年を通してツアー回って舞台やってハロコンやってツアー回ってハロコンやってひなフェスやってその合間にいろんな仕事して、って成長期に働きすぎだと思うし極寒のなかミニスカホットパンツノースリおへそ出しの衣装で野外イベントやったり、ぶっちゃけ「殺す気か!」とわたしは思うけど、苦しい姿は見せない彼女たちのプロ根性に何度も泣かされたんだよ!

そういう意味でも、娘。(というかハロプロ)はジャニオタさんにも結構おすすめかもしれない。
「Q.自担の何が好き? A.一生懸命なところ!パフォーマンス!」
というジャニオタさんのツボにハマると思う。個人的に。メンバーカラーがあるグループとのコラボ妄想とかすごく楽しいですよ。

そんな彼女たちの最新シングルは鈴木香音ちゃん卒業後、最初のシングル。
いまの11人では最初で最後。(来月12日のツアーファイナルで13期メンバーがお披露目予定)
モーニング娘。'16としてもラストシングルになります。


モーニング娘。'16『セクシーキャットの演説』(MORNING MUSUME ‘16[Sexy Cat’s Speech])(Promotion Edit)

モーニング娘。'16『そうじゃない』(MORNING MUSUME ‘16[I’m Not Like That])(Promotion Edit)

モーニング娘。'16『ムキダシで向き合って』(MORNING MUSUME ‘16[Confront With Bare Nakedness])(Promotion Edit)

テレビで見かけたらちょっとだけでも観てくれると嬉しいし、街中で曲が流れていたらほんの少し耳を傾けてくれたら嬉しい!
個人的にモーニング娘。の真骨頂はなんといってもライブだと思うので、あわよくばライブ映像を観てくれたらもっと嬉しい!!!
少しでも気になるな~、と思ったら是非チェックお願いします。

※言葉の引き出しが少なくて、かわいい、すごいとしか言ってないけど気持ちはたくさんこもってます。

じゃにおたバトン

おともだちがやってるのをみて、バトンひさしぶりにやってみっか!?と。
#じゃにおたバトン



じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

千鶴(仮名)


【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

名前:さくまだいすけくん(Snow Man)
気付いたら担当歴二桁の足音がそこまで聞こえてきてた。
いままでのオタク人生の中で、一番長い担当さんです。

推しは、なかまるゆういちさん(KAT-TUN)/なかじまゆうとくん(JUMP)
まずオタク人生の始まりがなかまるくんから。
ゆうとくんはおそらく、凪くんがきっかけのはず。


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

2001年。当時は小学生。
もともとにわかKinkiファンの母の影響で、POP JAMをみていた。(夜中だったので録画)
光一くんのSUPER STAGEを観てKAT-TUNに一目惚れ。


【担当遍歴】

2001年~2002年は担当とかよく分からないし、みんなかっこいい~くらいで終わってた。
ようやく2003年に「わたしはあかにしくんが好きだ!」と一瞬担当に。

が、初めてなかまるくんを生でみて転がり落ちる。(大変コン)
それ以来、2003年~2010年までずっとなかまるくん。
でもそのうちの'07年はたかきくん(JUMP)、'08年はたまちゃん(KMF2)の間をうろうろしており、'09年にさくまちゃんの魅力に気づいたので正確には2003年~2007年かもしれない。

2010年になって「まだなかまるくんからは降りない…降りない…」と繰り返していたけど、結局同年5月3日にさくまちゃんへ転がり落ちる。
それ以来、今日までずっとさくまちゃん。


【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

ずっとだてさくが大好き。
仲良くなる前からダンスや、アクロバット、何ならお辞儀のタイミングまで揃ってしまうところが大好物。
合わせようね!ってしてるわけじゃないのに合ってしまう、あの薄くてでも簡単には割れないガラスが1枚あるような、不思議な距離が好きだった。
いまはガラスなんかないだろうけど、お互い尊敬しあってるのかな、と思える部分も多くあるし「友達」じゃなくて「戦友」かもな、と勝手に思ってる。
メンバーもみんな言うけれど、わたしもさくまちゃんは自由に動いてくれた方が彼の魅力が引き出されると思っているので「好きなようにやれ」「なんかあったら戻してやる」というみやちゃんの言葉に泣きかけた。
なべさん曰く「会話が成立してないのに楽しそう」っていう、アホっぷりとおバカっぷりもまるっとかわいいくて好き。

そして忘れちゃいけないのがあべさく。
あべちゃんはさくまちゃんが次々落っことしていく荷物を「わすれてるよ」「おとしてるよ」って拾ってくれるような人だと思っている節がある。
本人たちも口にしているように、真逆。対極の存在だからこそ仲良くなれるの典型なんじゃないかな。
わたしはさくまちゃんのファンなので、どうしてもさくまちゃんを真ん中において考えてしまうけど、あべちゃんがいるからホッとしていられる部分もあるんだと思う。
常々わたしは「あべちゃん…さくまちゃんをどうか…どうかよろしくね…」と念じているけど、その念を綺麗な形で返してくれるあべちゃんには感謝しかない。

あとはKAT-TUNロバ丸。
人生の半分を一緒に過ごしてきた彼らに言葉なんていらない。のかも。
「あれ」「これ」「それ」で伝わる熟年夫婦のよう。「ジジィ!」「同級生だろ!」のやり取りも大好き。

最後はJUMPありゆと。
子どものころからゆうとくんをみてきた大ちゃんは、ひときわゆうとくんに甘い気がする。
ゆうとくんがときどきネガティブを発動しても「ゆうともできるよね?」「うちのゆうとはすごいんだぞ!」と背中を押してくれる優しさが、私の心をほっこりさせる。


【1番心に残ってる現場】

2013年の「ジャニーズ銀座(Snow Man初単独)」か、2016年の「10Ks!(KAT-TUN)」か…。
初単独はやっぱり嬉しかったし、とにかく会場がひとつになっていて楽しかったという気持ちが大きい。
ひとつの作品として心に残っているのは「10Ks!」。
さみしいけど、さみしくない。とにかくKAT-TUNは最高だ。と、そんな風に思えるライブだった。


【初めて行った現場】

たぶん、小学生のときに行ったTOKIOの「glider」だと思う。
当時TOKIOファンだったおばさんに、母とふたり連れられて。


【最近行った現場】

SixTONESとSnow Manの少年たち、JUMPのDEAR.


【次行く現場】

ジャニーズなんちゃらアイランド。(タイトルが覚えられない)


【記憶に残ってるファンサ】

ありがたいことにいくつかあって、これがいちばんというものが決められない。
そもそも生きている、そこに存在している、楽しそうである、これだけで最高のファンサービス。


【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

音源化してるの限定で。

KAT-TUN
TOKYO STARRY
雨に咲く哀、夜に泣く藍
Birds
カップリング縛りだとこの辺り。どれが1位とかは決められない……
6人時代も5人時代も好きだけど、楽曲が好きなのは4人時代が多いかも。

▲JUMP
愛よ、僕を導いてゆけ
SUPERMAN
RELOAD
こちらはアルバム縛りで順位はなし。
JUMPは選びきれないくらい、好きな楽曲が多くて困る。


【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

Acrobatic(Snow Man)
「少年たち」でみたときは手拍子も何もできなくなって、ただひたすら呆然としてしまった。
それくらい圧倒されたパフォーマンス。今のSnow Manだからこそできるパフォーマンスなのかな。

DON'T U EVER STOP(KAT-TUN)
全体的にカッコいいけど、女王コン('08年)で披露したときのイントロのなかまるくんの背中が!最高にカッコいいんだよ!!
あと振付以外だと、惑星コン('09年)で、曲のタイトルがじんわりLEDスクリーンに表れてくるところがカッコいい。

キラキラ光れ(JUMP)
どえらい高さのところまで長い脚を振り上げるゆうとくんが最高におもしろくてかわいい。
そのうち圭人を巻き込みながら後ろに転ぶと思う。


【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

なかまるくんの「STEP BY STEP」か「クレセント」。
あとはやっぱりKinkiと滝翼全般。


【1番好きなペンライト】

ひかりものが好きなので、KAT-TUNに限っては1公演しかみなくても毎回ペンライトは購入してる。
なかでも「9uarter」の指輪タイプが意外と好き。なぜならすぐに双眼鏡を構えられるから。ただ飛んでいきそうなので、髪ゴムとかでどうにかしないといけないのが難点かな。
あとは、「WORLD BIG TOUR」の王冠型ペンライトも長いこと使ってた。


【1番好きな衣装】

赤のナポレオンか、黒の…なんだっけ、このまえ「Sky's the Limit」で着てたやつが好き。


【よく買う雑誌】

アイドル誌は売上貢献のために載っていれば買う。
あと外部の雑誌は舞台レポとかでなければ買う。
レポのみの場合は自分の観たものと記憶が混ざるので、あまり買わない。


【この映像は見て欲しい!というオススメ】

なかまるくんの「STEP BY STEP」、優馬の「Missing Piece」は絶対。
このSnow Manはいつもの個性を消して踊ってるんだけど、最高にカッコいい。
KAT-TUNは全部のライブ。


【ジャニヲタになる前の趣味は?】

たぶん読書とか、お絵かきとか。


【最近気になっている子】

もうずっとSnow Manばっかりで、よそ見してない。
あえて言うならやっぱりゆうとくん。


【最後に一言!】

久しぶりにやってみたけど、ここまで書くのに〇時間かかった!

広告を非表示にする